呪術廻戦

呪術廻戦【13巻】最新話ネタバレあらすじ感想!無料で読む方法はコレ!

漫画 ネタバレ 最新刊 感想 考察

こんにちは。「呪術廻戦」第13巻の発売日は、2020年10月2日金曜日になります。

この記事では、「呪術廻戦」第13巻の内容と無料で読む方法をまとめました。

※0円で漫画を読む
動画配信サービスのU-NEXTでは、初回無料登録で1ケ月のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり、最初にもらえる600ポイントで書籍を購入して実質無料で読むことが可能。動画配信も見放題作品業界№1ですのでめちゃくちゃ充実しています。▶U-NEXT無料トライアルはこちら

呪術廻戦【13巻】最新刊ネタバレ!前巻では?

12巻では、虎杖が五条の封印を解くために渋谷駅を目指すも、そこには脹相が待ち受けていました。

脹相には勝てないと感じた虎杖は、自分が先に進むことではなく他の人のために脹相を止めることにします。

虎杖はその後やられてしまいましたが、トドメを刺される前に脹相の方がおかしくなってしまうのでした。

その頃七海、直毘人、真希の3人は駅地下で1体の呪霊と対峙しました。

「呪術廻戦」12巻を無料で読む

呪術廻戦【13巻107話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉕」

107話では、呪胎から変態して成体になった呪霊は、水の術式を使う陀艮。

呪霊、と呼ばれることを嫌う陀艮の相手をする直毘人はアニメーションの術式で陀艮を倒そうとするも、陀艮の底無しの体力を前に中々倒すことが出来ず苦戦します。

七海、直毘人、真希が3人で飛びかかると、陀艮は領域を展開するのでした。

呪術廻戦【13巻108話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉖」

108話では、七海と真希は陀艮の領域内では必中である魚の式神による絶え間ない攻撃を受けてしまいました。

唯一式神を倒せている直毘人を優先的に倒すことに決めた陀艮は、式神に加えて直接攻撃 、直毘人も攻撃を受けてしまいました。

そんな中で勝路を開くのは陀艮に相手にされていない真希です。

呪術廻戦【13巻109話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉗」

109話では、領域内に伏黒が入ってきました。伏黒が真希に呪具「遊雲」を渡し、真希は陀艮と戦い始めます。

伏黒も領域を広げたことで、陀艮の必中範囲が押され七海、直毘人も再び戦えるようになりました。

3人が陀艮を止めてくれている間に伏黒が狙うのは領域に穴を開けること。しかしようやく開いた穴からは逆に禪院甚爾が入ってきました。

呪術廻戦【13巻110話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉘」

110話では、甚爾は入ってくるなり真希から遊雲を奪いました。

今の甚爾は呪力が元々無いために降霊術が解けず、いつまでも強い者を倒すために現世に留まり続ける殺戮マシーンと化しています。

領域内で1番強いのは陀艮。甚爾は陀艮を狙い戦い始め、あっという間に陀艮を倒してしまいます。

呪術廻戦【13巻111話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉙」

111話では、陀艮が戦いに敗れて領域が解けると、甚爾は伏黒を掴み何故か駅の外へ出ました。強者を狙うはずの甚爾が伏黒連れていった後、駅の中には漏瑚が出現。

七海、真希、直毘人の順で漏瑚に燃やされると、漏瑚は宿儺の気配を感じました。

すると菜々子と美々子が虎杖に宿儺の指を食べさせており、宿儺はこの状況を利用するために10本の指を虎杖の口に押し込みました。

呪術廻戦【13巻112話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉚」

112話では、宿儺が目覚め、始めに指を出した菜々子と美々子が夏油を殺して欲しいと頼むも、宿儺は頼みを聞かず2人を殺してしまいます。

残る漏瑚は願いではなく後々の呪霊のため、宿儺がこのまま虎杖の肉体を奪ってはどうかと提案しました。

しかし宿儺はそれも拒否。代わりに漏瑚が1擊でも宿儺に攻撃を当てることが出来れば呪霊の下につくというゲームを持ちかけました。

呪術廻戦【13巻113話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉛」

113話では、駅の外では伏黒VS甚爾の戦闘が始まってしまいました。しかしもう呪力が残っていない伏黒は、家入にすぐに治してもらえる位置まで逃げてから甚爾と戦うことに。

唯一の攻撃も失敗した伏黒でしたが、過去を思い出し息子が禪院ではなく伏黒の姓をとったことを知った甚爾は、伏黒を殺さずに自ら命を絶ちました。

呪術廻戦【13巻114話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉜」

114話では、状況が理解出来ないまま甚爾との戦いを終えた伏黒は家入の元へ向かうも、背後からポニーテールの呪詛師に斬られてしまいました。

その頃、渋谷駅外では日下部とパンダが夏油の下につく呪詛師と遭遇し戦おうとしているところでした。

しかしその時、近くで宿儺と漏瑚の戦闘が始まってしまいます。

呪術廻戦【13巻115話】最新刊ネタバレ「渋谷事変㉝」

115話では、宿儺の強さは圧倒的。漏瑚は一方的にやられ続けています。宿儺は漏瑚が戦えなくなるまで続けると言うため、漏瑚は渾身の一撃を繰り出します。

巨大な火の玉が現れると、宿儺は日下部達に近づき、火の玉がギリギリに迫るまで逃げてはいけないと命令。

楽しんだ宿儺は結局火の玉を一切食らうことなくまた漏瑚の元へ戻ってきました。そして次は漏瑚の得意な火で戦うと言いました。

呪術廻戦【13巻】感想

大きな戦いがドドンと続く巻でした。VS陀艮戦には伏黒の参戦はもちろん、甚爾まで参戦することになり驚きっぱなしでした。

オガミ婆や猪野を倒した時とは違い、明らかに正気ではない状態で戦っていた甚爾は不気味に感じました。

しかし最後は息子のことに安心して自殺。何から何まで予想外でした。

宿儺のために虎杖を生かそうとしていた宿儺がまさか宿儺と直接対決することになってしまいました。

ボコボコにされているのが少しかわいそうに思えました。

呪術廻戦【13巻】無料で読む方法

そんな呪術廻戦【13巻】を文字だけでなく漫画で読みたいですよね?しかも無料で読めたら嬉しいです。

そこでオススメなのが、動画配信サービスのU-NEXTを利用することです。U-NEXTは動画配信サービスだけでなく電子書籍も52万冊の取り扱いがあります。

しかも初回は31日間トライアルが設けてあり、登録することがなんと!無料なんです。しかし漫画を読むにはポイントが必要になってきます。

「結局無料では読めない」と志半ばで諦めるのはまだ早いです。31日間トライアルに申し込みをした際に600ポイントを無料で付与されるのです。

459円の13巻を実質無料で読めてしまいます。しかも動画配信に強いサイトなので、アニメも視聴できてしまうということなんです。

ぜひチェックしてみてくださいね。登録は2~3分で可能です!無料トライアル

呪術廻戦【14巻】考察予想

宿儺VS漏瑚の戦いに決着がつきます。刺された伏黒、燃やされた七海、直毘人、真希は無事なのでしょうか。

呪霊や呪詛師も本気を出しているため、術師たちにもかなり甚大な被害が出ています。

脹相との戦いで気を失ってからそのまま宿儺と変わることになってしまい全く出てこない虎杖。

しかし宿儺の行動は全て見えているはずのため、激しすぎる戦いに何を思っているのかが気になるところです。術師側は、まだ誰も死んでほしくありません。

まとめ

この記事では2020年10月2日金曜日発売の「呪術廻戦」第13巻の内容と無料で読む方法についてまとめました。お役に立てると嬉しいです。

完全無料でコミックスやアニメが見られる!

鬼滅の刃【22巻】が感動したり!約束のネバーランド【最終刊】何回読んでも泣けました。最新の漫画やランキングはこちら➡\U-NEXT漫画ランキング/

呪術廻戦のアニメも放送開始となりものすごくおもしろかったです。アニメ化いいですね!

コミックスやアニメをまだ読まれていないという方は、無料で(怪しくないです!)安全な方法で読む方法があります。それがU-NEXTです。

U-NEXTとは日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと52万冊以上と取り扱いが豊富最大40%還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
 
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは2冊無料で読むことができます。
月額料金 トライアル期間は無料、その後1990円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

見放題作品は190,000本!!レンタル作品も30,000本の取り扱いがあります。

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。登録は3分程でできます。無料トライアル