週刊少年チャンピオン

弱虫ペダル【615話】最新話ネタバレあらすじ感想!ホーネット 

まんが 最新話 ネタバレ 感想

こんにちは。ひらりです。2020年11月12日発愛の週刊少年チャンピオンより、弱虫ペダル【615話】『ホーネット』を読みました。

614話では、遂に始まる「峰ヶ山クライムヒル」高校生の部。 千葉のご当地大会とあって最後尾からスタートする箱学の悠人と高田城。

そこへ県内屈指のクライマーとされる本田が2人に牽制。 昨年の葦木場は失礼な奴だったと非難する本田の言葉を聞いて、悠人は今にもキレそうです。 

それでは、この記事では、弱虫ペダル【615話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「弱虫ペダル」のアニメや漫画を1冊無料で読む

※0円で漫画を読む
動画配信サービスのU-NEXTでは、初回無料登録で1ケ月のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり、最初にもらえる600ポイントで書籍を購入して実質無料で読むことが可能。動画配信も見放題作品業界№1ですのでめちゃくちゃ充実しています。▶U-NEXT無料トライアルはこちら

弱虫ペダル【615話】最新話ネタバレあらすじ

昨年の葦木場とのやり取りを振り返る本田。

話しかけても無視をされ、県内の有力選手たちが集まる大会は混乱したこと。

不満な仲間たちをなだめ、本田自身も今回だけだと我慢しました。

しかし箱学は性懲りもなく今年も参加。

千葉の大会に出しゃばるなと悠人に言います。

勝ちを譲れ、ロードで真剣勝負をするなとも受け取れる本田の発言に対して、「しょぼい」と反論する悠人。

瞬間的な加速をかけると一気に本田を引き離しました。

今のはトリッキーな動きに反応が出来なかっただけだと追走する本田。

悠人は勝負する気はないと言いながら、素早い動きで本田の脇に急接近。

どんどん体を寄せながら、外側のガードレールに本田を近づけていきます。
焦る本田。

悠人は葦木場が返事をしなかったのは、謹慎明けの初レースで集中していたためだと本田に説明して、葦木場は千葉出身なので2位でも良かったのではと、イエスorノーの2択で聞くのでした。

葦木場がレースで声をかけられて嬉しかったとようだと、高田城から補足情報を聞いた本田は言葉が出ませんでした。

そろそろ頃合いだと前に進むつもりの悠人は、後ろに張り付いても良いと本田に声を掛けます。

地元の面子を立てるのかとご機嫌の本田。

しかし余裕で前を走る悠人や高田城とは対照的に、利用しているはずの本田は既に全力で息が上がっています。

そこに「ペース緩すぎました?」と追い打ちをかける悠人。

さらにスピードを上げる2人に本田たちは完全にちぎられました。

全国常勝校の箱根学園の実力を痛感する本田は、2度も競り勝った坂道たち総北は凄いと思うのでした。

そのころ上位グループでは柏東の野村が総北の前で挑発をしますが、坂道たちはこれを無視。

後方から迫る箱学を警戒します。

弱虫ペダル【615話】感想

前回優勝候補として名前の挙がっていたはずの本田は、悠人を前にイキっていましたが完全なモブキャラで終わりました。

最後は箱学を利用しようとする本田に、千葉だ神奈川だと拘っていたのは何だったのかと思いつつ案の上で引きちぎられるなど、良い所が全くありませんでした。

総北に負けているとはいえ、やはり箱学は凄かったと客観的に認識させ、また普段はオーラが感じられない坂道や総北の実力の高さを裏付けるためのピエロのような役割のまま、このレースでは再登場することはないでしょう。 

弱虫ペダル【616話】考察予想

後方からスタートして早くも総北に追いつきそうな箱学。

手前にいる前田がこれでモブキャラ第2号に決定して、早くも総北と箱学の一騎打ちになりそうな予感です。

悠人については「ピークホーネット」の異名を持ち、そのアグレッシブなレース展開は知るところですが、今回の本田とのやり取りでは高田城が評するように、少し落ち着きを持ち合わせるなど、精神的な成長も感じられます。

この辺りがレースでの駆け引きにどう影響するのか。

未知数である高田城の戦略と合わせて次回注目されるところです。

弱虫ペダル【616話】へ

まとめ

この記事では、弱虫ペダル【615話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「弱虫ペダル」のアニメや漫画を1冊無料で読む

完全無料でコミックスやアニメが見られる!

鬼滅の刃【22巻】が感動したり!約束のネバーランド【最終刊】何回読んでも泣けました。最新の漫画やランキングはこちら➡\U-NEXT漫画ランキング/

呪術廻戦のアニメも放送開始となりものすごくおもしろかったです。アニメ化いいですね!

コミックスやアニメをまだ読まれていないという方は、無料で(怪しくないです!)安全な方法で読む方法があります。それがU-NEXTです。

U-NEXTとは日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと52万冊以上と取り扱いが豊富最大40%還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
 
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは2冊無料で読むことができます。
月額料金 トライアル期間は無料、その後1990円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

見放題作品は190,000本!!レンタル作品も30,000本の取り扱いがあります。

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。登録は3分程でできます。無料トライアル