約束のネバーランド

約束のネバーランド【151話】最新話ネタバレ感想!勝つのは|152話を考察

漫画!最新話ネタバレ

こんにちは。2019年9月21日(土)発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【第151話】「勝つのは」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

150話では、ギーランVS女王レグラヴァリマの対決は、王族であるレグラヴァリマの圧倒的な強さに敵わずギーランの敗北に終わりました。

落としたギーランの頭を食べようとするレグラヴァリマのもとに、遂にノーマン側の刺客、ザジが姿を現しました。

➡「約束のネバーランド」の最新刊を無料で読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

約束のネバーランド【151話】最新話ネタバレあらすじ

あうー、とまさに”言葉”ではなく”声”を発しながらゆらゆらと歩きながら、突如女王レグラヴァリマにとびかかります。

予想外の攻撃を咄嗟にその爪で受け止めるレグラヴァリマですが、ザジの刃はまさに眼前まできています。

一度刃を退き、今度は雨の様に間髪入れず連続で突いてくるザジに、レグラヴァリマも傷を負ってしまいます。

レグラヴァリマが反撃をしようとして両手を上げたその時、レグラヴァリマの背後にシスロとバーバラが降りてきました。

ノーマンの作戦で、レグラヴァリマに肉を食べさせる機会を作らせないことが第1の目的だったため、3人がかりで攻め続けます。

ザジが攻め、シスロとバーバラがザジの背中を守る。

2人はザジならやってくれると信じています。

確実に消耗しているレグラヴァリマですが、ザジではなくバーバラに狙いを定めると、簡単にその腹を貫きます。

バーバラを喰らおうとするレグラヴァリマの腕ごと、ザジは斬り落とします。

冷静さを失ったザジですが、なぜかレグラヴァリマの動きが一瞬止まり、ザジの刀がレグラヴァリマの掌を貫きました。

ヴィンセント達が毒を巻き始めていたのです。

城下でも同時に撒かれた毒は鬼の形質を強制的に退化させ醜い鬼達が生まれています。

レグラヴァリマの爪ももう伸びなくなってしまいました。

その隙を突かないわけもなく、ザジは被っている紙袋を切り裂かれながらも、レグラヴァリマに刀を振り下ろします。

くたばれ!血が飛び散ります。

約束のネバーランド【151話】の感想

バーバラ死亡かと思ったら後のシーンで立ち上がるところが描かれていたので安心しました。ザジの顔が見られそうですね。

めっちゃイケメンだったら嬉しいな~と思っていますが、紙袋をかぶっているのは醜すぎる顔を隠すためだとも考えられます。

すごく強いザジはそれだけすごい実験を受けてきたということだと思うので、顔が無くなっているのかもしれません。ザジが冷静さを失った時、ここで終わってしまうのではないかと思いましたが、何とかなってよかったです。

約束のネバーランド【152話】を考察

次回は毒が巻かれ始めた城下で、ドンとギルダ、そしてソンジュとムジカは毒をどうにかするために動き出しますが、何が出来るのでしょう。

城の中では邪血の血を飲んだ貴族たちにも毒が聞いていたので、一般の鬼達にムジカ達が血を与えても効かないと思われます。

ムジカ達に何かもっと違った力があるのでしょうか?毒は口から入った時だけだと思っていたので、こんな簡単に周りに影響を出し始めたことに驚いています。急がないと全てが終わってしまいます。

➡約束のネバーランド【152話】へ

まとめ

約束のネバーランド【第151話】「勝つのは」のネタバレと感想&次話の考察をまとめました。

➡「約束のネバーランド」の最新刊を無料で読む