約束のネバーランド

約束のネバーランド【150話】最新話ネタバレ感想|151話を考察!

漫画!最新話ネタバレ

こんにちは。2019年9月14日(土)発売の週刊少年ジャンプより、約束のネバーランド【第150話】「700年の悲願」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

149話では、一度はイヴェルクの後ろへと下がった女王レグラヴァリマですが、自身が前に出てきて王族たるその強さを見せつけてきます。

あっという間にやられるギーランの家臣たちはあらかじめ計画してきた通り、自爆をはかってレグラヴァリマの命を狙います。

➡「約束のネバーランド」の最新刊を無料で読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

注意)違法サイトでダウンロードをするとウィルス混入や個人情報が盗まれる可能性があります

約束のネバーランド【150話】最新話ネタバレあらすじ

ギーランの家臣たちは女王レグラヴァリマを囲み、一斉に自爆を狙います。

それでもレグラヴァリマには傷一つつけることが出来ませんでした。

しかし家臣たちの狙いは端からレグラヴァリマに傷をつけることでありませでした。

レグラヴァリマの頸を取るために自爆の際に粘着する物質でレグラヴァリマの動きを止めることが真の狙いだったのです。

その時に出た家臣たちの遺体は食べるように言われていたギーランは、家臣たちの想いをくみ取り散った頭部を拾い、食らうギーラン。

これで家臣たちもギーランの体の一部となりました。

ギーランの家臣たちのせいで、自慢の爪を動かすことが出来なくなったレグラヴァリマですが、動けば動くほど粘着は強まっていきます。

そんなレグラヴァリマの頭部を狙いギーランが棒で叩きつきます。

ヒビさえ入らないレグラヴァリマの面を割り、はぎ取るためにギーランは何度もレグラヴァリマの頭部を叩きます。

そして遂に割れた面の下から現れた1つの目に、ギーランはこれで終わり、と刀を突き立てようとします。

しかし、刀の先がレグラヴァリマの目に触れようとしたその瞬間、ギーランがサイコロ上に斬られて崩れてしまいます。笑う女王の目は3つになっています。

ギーランの頭部を拾うとレグラヴァリマはギーランに死んでいった家臣たちを見せます。

義が勝つとは限らない。急いで再生しようとするギーランでしたが、レグラヴァリマの靴のヒールによって踏みつぶされてしまいます。

残った家臣たちも一瞬でやられレグラヴァリマの勝利です。レグラヴァリマは腹が減ったとギーランの頭を食べようとします。

そこに襲撃が。

ザジ登場です。

約束のネバーランド【150話】の感想

最後までどちらの勝ちになるのかが分からない話でしたが、どれだけ頑張ったところで王族の強さは格別だったようですね。

面が取られたレグラヴァリマですが、その目は人形のようでした。他の鬼達とは比べ物にならない綺麗な顔をしていますね。

しかしその分厚い面の下には醜い心が隠れていたため、この戦いはギーランに勝ってほしかったなと思います。家臣たちのギーランに対する忠誠心もとても綺麗なもので見ていて感動してしまいました。

約束のネバーランド【151話】を考察

生き残ったレグラヴァリマとイヴェルクを殺しにきたのはラムダの戦士であるザジです。1人でノーマンの護衛をするほど強いザジ。

たいして実力のないイヴェルクをあっという間に殺してしまうのではないでしょうか?また、レグラヴァリマがまだ面を着けていないのは好都合です。

今のうちにレグラヴァリマの目を狙っていくでしょう。エマたちはこのまま間に合わないのではないでしょうか?間に合ったとしても、暴れるレグラヴァリマに何かされそうでエマの願いはかなわないと思います。

➡約束のネバーランド【151話】へ

まとめ

約束のネバーランド【第150話】「700年の悲願」のネタバレと感想&151話の考察予想についてまとめました。

➡「約束のネバーランド」の最新刊を無料で読みたい方はこちら