東京卍リベンジャーズ

東京卍リベンジャーズ【112話】最新話ネタバレ感想|113話を考察!

こんにちは。2019年6月5日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【第112話】を読みましたのでご紹介します。

まだ111話をご覧になっていない方はこちらからお願いします→東京卍リベンジャーズ【111話】へ

前回のストーリーでは、ダメフフリーターの花垣武道は、不良集団・東京卍會に殺された元カノのヒナタを救うために12年前の中学時代へタイムリープします。マイキーが大寿を倒し決着した聖夜決戦!!さらにエマの計らいで再会したヒナとタケミチは復縁した。

→「東京卍リベンジャーズ」最新刊を無料で今すぐ読む

東京卍リベンジャーズ【112話】最新話ネタバレあらすじ

マイキーの口から飛び出した稀咲突然のクビ宣言。

トーマンのメンバーにも動揺が走りました。

稀咲の一連の行動を千冬はマイキーに伝えていました。そこからマイキーがどのような行動をとるかは分かりませんでしたがなんとクビ宣言。

これには千冬も少し驚きます。

「何言ってんだよマイキー?冗談だろ??」

驚いた稀咲が顔をひきつらせながら問いかけます。

しかし、マイキーの表情は一切変わりません。「こんな場で冗談はいわねぇよ。クビだ。」

マイキーの硬い決意に一切のブレはありませんでした。

そんな重い空気の中、東卍陸番隊 隊長半間修二が口を開きます。

「稀咲がクビなら当然俺も出る・・・。つまりよぉ、東卍総勢450人のうち元愛美愛主50人、元芭流覇羅300人が全て抜けるってことだ!」

「そしたら、東卍は100人にしぼんじまうんだぜ??それでもいいのか??!」

少し脅迫めいた口調で話す半間にもマイキーは一切表情を変えません。

「かまわねぇ。」

ここで、マイキーは先日に行われた聖夜決戦の話を持ち出しました。そもそも、タケミチたちをけしかけ大寿を殺させる為に柚葉にナイフを渡したのは稀咲だったこと。

それも東卍をでかくするためだったなら、お前のきたねぇやり口にはもう付き合えねぇ。とマイキーの気持ちを話しました。

稀咲の動揺はより一層激しくなり、マイキーに駆けより釈明しようとします。そんな身勝手な行動をドラケンが制止しました。

今度は稀咲の話を聞けとばかりに半間がドラケンに殴りかかります。現場は混とんとしてきました。

稀咲は今一度マイキーに釈明の弁と未来の話をします。

「”不良の時代”を作るんだろ!?誰もがひれ伏す組織になるんだ!でかくなれば必ず闇は生まれる。俺はその闇を全て引き受けてやる!あんたを輝かせる為に!!だから、もう一度考え直せマイキー・・・!」

この言葉に嘘や計算はありませんでした。すべてがマイキーに対する素直な想いだったの
です。

「その決めつけが夢を狂わせる・・・お別れだ稀咲。」

マイキーの最後通告に膝から崩れ落ちる稀咲をしりめにマイキーは去っていきます。

こうして集会はあっけなく終わりました。

タケミチミッション成功!?

東京卍リベンジャーズ【112話】を読んだ感想

東卍の悪の根源稀咲の追放に成功したタケミチでした。これにより、未来の東卍が悪に染まった組織になることはなくなりましたが、あまりにもあっさり稀咲を追い出せたことが逆に不気味でした。

組織自体の縮小は避けられないので、今後いろいろな大きいチームに抗争を持ちかけられそうで心配になります。ヒナとタケミチの未来はひとまず安泰なので、これからは東卍の未来を注目して見て行きたいと思います。

もう一切稀咲たちとはかかわらない展開がいいのですが・・・。

東京卍リベンジャーズ【113話】を考察

今回の集会で、稀咲の闇の部分がみんなに暴露されました。これにより、稀咲の信頼は東卍の中ではほぼ無くなったに等しいので残ることは難しいと思います。

稀咲と半間について行くことになるメンバーの数は相当な数なので、これからの東卍が攻め立てられるのは必至かと予想します。

それでも、絆が強くなった東卍ならそこも乗り切れるとは思いますが、今後の稀咲の行動がより一層危険身を帯びてくることでしょう。そこが一番危険ではないでしょうか。

あわせて読みたい
東京卍リベンジャーズ【113話】最新話ネタバレ感想|114話を考察!こんにちは。2019年6月12日発売の週刊少年マガジンより、東京卍リベンジャーズ【第113話】を読みましたのでご紹介します。 前話をご...

▽U-NEXTで「ワンピース劇場版12作品」をいますぐ無料で視聴する▽31日以内に解約すれば無料で視聴可能です

 

漫画コミックを無料で読むおすすめサイト

まずは大手の電子書籍サイトと登録時にもらえるポイントのご紹介です。

▽おすすめの電子書籍サイト▽

サービス名 登録時にもらえるポイント
U-NEXT 600ポイント
music.jp 961ポイント
FODプレミアム 100ポイント(+1200ポイント)
eBookJapan 0ポイント/初回半額クーポン
まんが王国 0ポイント/初回半額クーポン

 

U-NEXTに無料登録
日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと34万冊以上と取り扱いが豊富最大40パーセント還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは2冊無料で読むことができます。


月額料金 1990円
無料期間 31日間
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXTの公式サイトを見てみる

\単行本半額クーポンあり/

他にもU-NEXTでは動画配信が充実しており、ドラマアニメを多く取り扱っています。上の画像の右上に赤く「」と書かれている作品(例えば上記では約束のネバーランド)は「ポイントが必要」という意味です。「P」が無い場合は会員登録のみ見放題作品となっています。

↓↓↓↓

U-NEXTの公式サイトを見てみる

music.jpに無料登録
music.jpは動画・音楽・電子書籍と幅広く利用できるサービスです。電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。無料期間は30日間漫画や音楽で961ポイント&動画で使える1500ポイントがもらえます。
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは3冊無料で読むことができます。
月額料金 1922円
無料期間 30日間(漫画961ポイント&動画1500ポイント付与)
メリット スマホ対応・電子書籍購入時10%ポイント還元

music.jpの公式ページを見る

FODプレミアムに無料登録
フジテレビの公式サービスとなります。amazon決済から無料登録すると、100ポイント付与され、その後8の付く日に400ポイントが付与され、1ケ月で1300円分が無料もらえます。
100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。期間限定で無料で読めるコミックもありますよ。週刊少年マガジンやサンデーは4冊無料。今すぐチェック!
月額料金 888円
無料期間 1ケ月(無料期間中に1300円分のポイント付与)
メリット 雑誌読み放題・無料コミックも多数あり・20%ポイント還元

FODプレミアムの公式ページを見てみる

またFODプレミアムは登録せずとも、1週間の期間限定などで動画見逃し配信もおこなっています。こちらはポイント消費もありませんし、安心してくださいね。「ONE PIECE」の最新話も無料配信中です。

↓↓↓↓

FODプレミアム公式ページへ

半額で読むならA【eBookJapan】

例えば「ONE PIECE」で例を挙げてみましょう。

eBookJapanでは451ポイントかかりますが、Yahoo!IDでの初回ログインで50パーセンオフクーポンがもらえますので、226円93巻が読めてしまいます。

また2000冊以上の無料まんがの取り扱いがあったり、割引やセールなどのサービスも充実していますのでオススメです。

会員登録は無料で、必要な巻を購入すれば特に解約する必要はありません。

ebookjapanの公式サイトをみる

半額で読むならB【まんが王国】

まんが王国でしたらワンピースの単行本が418ptとなっていますので、初回会員登録をして半額クーポンを利用すれば、209円で読めてしまいます。

登録自体は無料です。メールアドレスやツイッターから登録が可能。こちらも欲しい漫画のタイトルのみを購入するシステムで「無料期間」という設定がありませんので、解約もとくに必要ないかなと思います。

まんが王国の公式サイトを見る

\単行本半額クーポンあり/

違法サイトのアップロードの危険性

これまで無料で読む方法をご紹介してきましたが、いやいや登録なしで無料で読む方法なんかたくさんあるでしょと思われている方も多いと思います。

しかし、無断で作品をアップロードしたり、ダウンロードしたりするのは実は違法なんです。平成24年10月に改正された著作権法によって「販売・有料配信されている音楽や映像の違法アップロード・ダウンロードが刑罰の対象」となりました。


違法アップロードは公衆送信権(送信可能化権)の侵害ですから、ほかの著作権侵害と同じ「10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金、またはこれの併科」です。

引用元

でもみんな見てるからとか、大丈夫だろうという思いでご覧になるとそれは著作権違法となり犯罪です。それにあなたのスマホやPCがウィルスで使えなくなってしまう可能性もあります。

さらにあなたが見ている大好きな漫画の作者の方にマネーが入らなくなってしまうのです。

ご紹介したサービスはそんなリスクをおかさなくても見られる方法です。不当な方法ではなく堂々と安全安心に読みましょう。

公開日:2019年6月5日