男性向けまんが

もふもふ【45話花火】最新話ネタバレあらすじ感想|46話を考察!

漫画!最新話ネタバレ

こんにちは。2019年7月20日発売のビッグコミックオリジナルより、もふもふ【第四十五話 花火】を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

漫画最新話ネタバレ
もふもふ【44話】最新話ネタバレあらすじ感想|45話を考察!こんにちは。2019年7月5日発売のビッグコミックオリジナルより、もふもふ【第44話】「あじさい寺」を読みましたのでご紹介します。 前...

44話では、もふもふの恩返しなのだろうか。るなちゃんもエイタ君も大きくなって、さわやかな若者になっていた。

小さい頃の思い出そのままに、二人は出会った。交換したもふもふはどうなっているのだろう。もふもふのお陰で、あんなに不幸に見えたるなちゃんも明るい幸せそうな女の子に育っていた。

➡「もふもふ」を無料でいますぐ読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

もふもふ【45話花火】最新話ネタバレあらすじ

今日はスナックかぼすのママであるマミカさんは、三太のおっちゃんに誘われて花火見物だ。

マミカさんはデートに誘われたのは本当に久しぶりで、思いのほか入れ込んでいるのだ。

それまでも時々三太のおっちゃんがママの事をチラ見したり、じっと見つめているのを感じたことがあった。

気があるのかなと思ったりもしたが、そうではなかったときに傷つくので、出来るだけ考えないようにしていた。

今日はデートに誘われたので、力いっぱい化粧にも気を使い、飼い犬のユカリンにも吠えられるほど、化粧も盛りすぎていた。

そのユカリンを胸に抱いて花火を見ていたが、ユカリンは音と光に驚いて、マミカさんの胸で暴れ、逃げ出してしまった。

マミカさんは驚いてすぐにユカリンを追いかけたが、足が速い。

あっという間に見失ってしまった。人込みをかき分けて走って追いかけようとしたが、三太のおっちゃんに止められた。

年寄が人込みの中を走ってはろくなことがない。花火が終わってから二人で探すことにした。二人であちこちを探し回った。

多くの人にも訪ねてみた。でもユカリンはいない。

マミカさんは落ち込んでしまった。私が久しぶりのデートではしゃぎすぎたから、罰が当たったのだ。

三太のおっちゃんが自分を責めないようにと慰めてくれた。二人の年寄は、自分を責めてもどうにもならないことを知っているのだ。

スナックかぼすに変える道すがら、おっちゃんのやさしさにお礼を言った。おっちゃんは誰にも優しいわけでは無いよと、その気になりそうなことを言った。

もふもふ【45話花火】を読んだ感想

いつもかぼすのママは、いろんな人の面倒を見ている。母親が働きに行っているときに、二人の子供の面倒を見ている。

その子供が釣れてきた引きこもりの兄ちゃんもお金はいらないからと、お酒を飲ませ、トランプで遊んで笑顔を取り戻させた。

顔は鬼婆のようだと言われるが、心は本当にやさしいママなのだ。そのままが幸せになっても良い。三太のおっちゃんにデートに誘われて、はしゃぎ過ぎたと反省していたが、はしゃいでもいいよ。日頃の気配りで疲れているのはよくわかっているから。

もふもふ【46話】を考察

おっちゃんと二人でユカリンを探し疲れて、店に帰ろうとしていた。おっちゃんが“誰にでも優しいわけでは無いですよ”と言った言葉に、ジンと来た。

そんな優しい言葉をかけられたのは何年ぶりだろう。若くて、もてた時代の事を思い出す。思わず顔が赤くなってしまう。

この人を頼ってユカリンを探そう。だって、ユカリンは私の大事な娘だから。長い間一緒に暮らしてきて、一緒に喜び、一緒に悲しみしてきた子だから。心配ないよ。ユカリンはいい人に保護されていた。いま、ママの後ろにいるよ。