女性向けまんが

【きょうのキラ君】ネタバレ9巻最終回(34話)は?最後キラ君とニノはどうなった&感想も!

きょうのキラ君

こんにちは。「きょうのキラ君」は病気系の漫画の中では1番心温まり、ハッピーで色んな事を学べる・思い出せ、感動する漫画で心が元気が無い時に1番お勧め出来る漫画です。

病気系の漫画ですが、ユーモアも有り「生きる意味とは何だろう?」というテーマに沿ってお話が進んでいきますが、友情有り・恋愛有り・家族の絆有り、愛とは?生きている意味とは何だろう?

一見暗くて難しいテーマですが、誰が読んでも軽快で分かり易く読んだ後、とても優しい気持ちになれる漫画なので自信を持ってお勧め出来ます。

「今日のキラ君」の最終巻(9巻)のネタバレ・あらすじは?

「キラ君の心臓が止まってしまった」という所で前巻が終了し、危うい感じで始まる9巻ですが、ニノは長年のトラウマを克服し、キラ君も一命を取りとめ「良かった」で終わりそうな時、

話さなくなっていた「センセイ」の本当の気持ちを知り、最後の時間をセンセイと仲良く暮らすニノ。

ところがセンセイが病気で亡くなってしまった事やキラ君の引越しでニノは過去に無い位落ち込んでしまいます。

でも、落ち込むニノにセンセイが遺してくれた物、それはセンセイが亡くなる前にニノに向けた動画レターでした。

その動画により元気を取り戻すニノ。

ラスト、二人は結婚し、子供がどうやらセンセイに似ている?という幸せな場面で完結します。

「今日のキラ君」の最終巻(9巻)の感想は?

1番好きな、号泣のシーンは「センセイ」と「ニノ」がトイレで仲直りをするシーンです。

「俺、あん時からずーっと幸せやった」とセンセイが告白するシーンは涙無しには読めません。

この漫画の登場人物(鳥・猫含む)は全員好きですが、特に大好きなのは「センセイ」です。オカメインコのセンセイの存在は1番大きいかもしれません。

センセイが亡くなってから、ニノのママが「センセイから」と携帯電話の動画を渡すのですが、その動画のセンセイにも泣かされました。

素直なニノも大好きですし、純粋なキラ君も大好きです。この漫画に出てくる登場人物は全員純粋で優しくて大好きです。

まとめ

こんな純粋でキラキラした漫画は他には無いと思います。

映画化もされましたが、多分漫画原作の方がギュッと凝縮されて良いと思います。

長編ですが「まだまだ読んでいたい。読めなくなるのが寂しい」と思える漫画です。

読者のそんな気持ちを汲んでくれてなのか、スピン・オフでニノとキラ君の数年後の結婚式のシーンが描かれています。(同作者さんの最新作のコミックスの中に収録されています)本当に読んで良かった、そう思える漫画です。

何回読んでも号泣していますので、色んな方に読んで欲しい、この気持ちを是非共有して欲しい、と思える本当にお勧め出来る漫画です。大好きです。

ただ本当に号泣してしまうのでハンカチかティッシュは必ず用意して読んで欲しいと思います。