ビッグコミック

空母いぶきGREAT GAME【14話】最新話ネタバレ感想|砲の照準

漫画 ネタバレ 考察 感想

こんにちは。2020年7月22日発売のビックコミックより、空母いぶきGREAT GAME【第14ソーティ:砲の照準】を読みました。 

13話では、接近するロシア軍機のSU57は、警告を無視して「しらぬい」をロックオンします。 対空戦闘の用意をする蕪木。 レーダー照射の目的は「しらぬい」に引き金を引かせるためでしたが、蕪木はロシアの脅しを見切ったのです。

しかしながら、蕪木は飛び去るSU57にESSL(発展型シースパロー)を発射したのです。 

それでは、この記事では、空母いぶきGREAT GAME【14話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

※0円で漫画を読む
動画配信サービスのU-NEXTでは、初回無料登録で1ケ月のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり、最初にもらえる600ポイントで書籍を購入して実質無料で読むことが可能。動画配信も見放題作品業界№1ですのでめちゃくちゃ充実しています。▶U-NEXT無料トライアルはこちら

空母いぶきGREAT GAME【14話】最新話ネタバレあらすじ

ESSLが軌道に乗ります。

SU57の挑発を我慢してきた蕪木が、このタイミングで射つことに理解が出来ない秋津。

そのSU57は右舷3時の方向で離れていきます。

しかし、ミサイルはSU57を追跡することなく「しらぬい」のほぼ艦の真上に昇っていくだけです。

誤作動ではありません。「しらぬい」は撃破のために発射をしたのではなかったのです。

ESSLは高度5000mで自爆が確認されました。

SU57は警告が効いたのか海域から離脱をしました。

砲撃用意とした主砲の照準は右90°、仰角45°。

蕪木と「いぶき」CICから会話をする秋津。

武器使用を禁じられながらも砲撃したことに対して責任は問われると秋津は言います。

しかし、蕪木は魚雷を射った時から覚悟を決めています。

どんな状況でも絶対に負けまいとする蕪木の気概を“喧嘩屋”だと例える秋津。

一方、ロシア機の接近は首相官邸にも連絡が入ります。

ロシア艦隊よりも先にアメリカとの合流を急がせるよう総理に進言する大杉外務大臣と、「いぶき」からF35の発進を提案する榎本防衛臣の意見が対立します。

これに対して、やるべきことをするつもりの総理は、ロシアへの厳重抗議をするよう大杉らと沢崎に指示をします。

「ディオサ」号に振り回される政府と自衛隊に辟易する大杉は、大国の戦争に巻き込まれないために日米安保の堅持を掲げると、対応を誤れば亡国の道が待っていると危惧をします。

しかし、日本側の呼びかけに対するロシア側から大使が来ることはありませんでした。

ロシアが送り込んだのは、駐在武官であるアレクサンドロ・ヤコフ大佐でした。

空母いぶきGREAT GAME【14話】感想

SU57の脅しに対して脅しで対応した蕪木。

最初はSU57をロックオンしていたようでしたが、最後は垂直にミサイルを自爆。まるで花火とはよく言ったものです。

黙って通り過ぎたSU57に我慢がならなかったのは、ハッタリとしては効果は十分で敵機は離脱していきました。

その蕪木を喧嘩屋だと感じる秋津は、元々「いぶき」の現艦長である新波の後任として押していました。

前回は敵のレーダー照準に我慢した蕪木を評価していましたが、今回の行動が秋津にどのような印象を与えるのか興味がわくところです。 

空母いぶきGREAT GAME【15話】考察予想

「ディオサ」号への対応について、日本独自の道を探る総理でしたが、官邸内部の考えは必ずしも一枚岩ではありません。

意見の異なる外務大臣と防衛大臣。

外務を担当する大杉としては、「ディオサ」号を早くアメリカに引き渡して、日本としてはこの件から早く手を引きたいところでしょう。

普通は当事国からの呼び出しの要請を受ければ、在駐する大使は昼夜を問わず駆けつけるのが国際社会の慣例ですが、ロシアの対応はまさかの武官が登場です。

どうやら政治的解決で終了させるつもりはなさそうです。

➡空母いぶきGREAT GAME【15話】へ

まとめ

2020年7月22日発売のビックコミックより、空母いぶきGREAT GAME【第14ソーティ:砲の照準】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「空母いぶき」の最新刊をお得に読む

完全無料でコミックスやアニメが見られる!

鬼滅の刃【22巻】が感動したり!約束のネバーランド【最終刊】何回読んでも泣けました。最新の漫画やランキングはこちら➡\U-NEXT漫画ランキング/

呪術廻戦のアニメも放送開始となりものすごくおもしろかったです。アニメ化いいですね!

コミックスやアニメをまだ読まれていないという方は、無料で(怪しくないです!)安全な方法で読む方法があります。それがU-NEXTです。

U-NEXTとは日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと52万冊以上と取り扱いが豊富最大40%還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
 
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは2冊無料で読むことができます。
月額料金 トライアル期間は無料、その後1990円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

見放題作品は190,000本!!レンタル作品も30,000本の取り扱いがあります。

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。登録は3分程でできます。無料トライアル