男性向けまんが

機動戦士クロスボーンガンダムDUST【7】最新刊ネタバレあらすじ感想

こんにちは。「月刊ガンダムエース」に掲載されている、「機動戦士クロスボーンガンダムDUST」の第7巻が発売されました。

一年戦争から90年経過してすっかり荒廃してしまった宇宙世紀を舞台にそんななかでも懸命に生きる人々の物語です。

モビルスーツその他の技術も色々と失われているなかで、とんでもない使われ方をしているものもあり、ガンダム初心者からマニアまで楽しめます。

機動戦士クロスボーンガンダムDUST【7】ネタバレあらすじは?

フォントを始めとしたキュクロープスの構成員や助けに来てくれたタガナス、カグヤの二人の腕利きに対してただ一人で戦う首切り王ですが、その強さは圧倒的でした。

フォントのファントムの同型機をベースとしたバロッグは、巨大なガンダリウム合金の塊を振り回すだけなのに他のパイロットはついていくことはできません。

そんな中で略奪者の国の建国を高らかに宣言し、残りの敵は洗脳したアッシュに殺させようとします。

ジャンの操るF89も参戦、アンカーを起動停止に追い込みますがバロッグに惨敗してしまいます。

しかしその間に密かにアンカーに乗り込んでいたレオの協力でアッシュの洗脳が解け、首切り王に一矢報いることが出来ました。

そしてアッシュ達は何とか逃げ出せたものの、この日は後に「再投火の日」として宇宙戦国時代を新たなステージとするのでした。

機動戦士クロスボーンガンダムDUST【7】感想は?

とうとう動き出した首切り王ですが、単なるヤバイやつではなくニュータイプな上に乗っている機体までこの時代としては規格外な代物でした。

それだけの人物が「世界はなにもしなくても近々滅ぶから、少しでも生き残るよう略奪しよう!」と呼び掛けるのはいかにも世紀末といった感じでした。

最終的には初戦は痛み分けですが実際にはぼろ負け状態な上世界そのものが不安定なものとなってしまいました。

仮に首切り王を倒せても問題は簡単には解決しそうにありません。

物語としてどのような落としどころとするのか気になります。

機動戦士クロスボーンガンダムDUST【8】考察は?

アッシュのアンカーが地味にパワーアップしていましたがバロッグ相手にはかなり不安です。

今回アンカーがバロッグの腕を切れたのはアッシュの腕だけでなくレオとの2人乗りであったのが良かったのではないでしょうか。

センサーが無くニュータイプ能力だけで敵を識別しているということは一つの機体に二人乗っているとどちらの意図を読めば良いのか混乱しているのかもしれません。

2人乗りのモビルスーツは有名なのでガンタンクかダブルゼータガンダム位なので、もしかしたらどちらかが切り札として出てくるかもしれません。

【裏わざ】漫画村の代わりに無料で読みたいあなた

あ~無料でマンガが読めたらな~って思いませんか? 今日は寒いしとか暑いとか雨とか豪雨とか関係なく、今読みたいんだよーってあなたに朗報です♡ 下記の電子書籍を登録しちゃえば無料でマンガが読めます。
[1]ユーネクスト
日本最大級のサービスで、電子書籍やドラマ・アニメなどの動画視聴もできちゃいます。最大40パーセント還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
月額料金 1990円
無料期間 31日間
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・見逃し作品多数取り扱い・スマホ対応

ユーネクストの公式サイトを見てみる

[2]music.jp
music.jpは動画・音楽・電子書籍と幅広く利用できちゃうサービスです。電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。無料期間は30日間漫画や音楽で961ポイント&動画で使える1500ポイントがもらえます。
月額料金 1922円
無料期間 30日間(漫画961ポイント&動画1500ポイント付与)
メリット スマホ対応・電子書籍購入時10%ポイント還元

music.jpの公式サイトを見てみる

 

上のふたつのサービスをうまくつかってお得に漫画を読んでみてくださいね♡