男性向けまんが

コタローは1人暮らしをオススメする理由は?感想や涙腺崩壊の理由も!

こんにちは!今日は「コタローは一人暮らし」という津村マミ先生のマンガを紹介します。

初回は2015年12月28日にビッグコミックスペリオールから掲載されました。 このすばらしい作品をぜひみなさんに読んでもらいたいと思います。

このマンガの主人公は4歳の男の子!本当に涙腺がやばくなります。

それではどんな作品なのかを説明しますね。

コタローは1人暮らしのストーリーは?

それではストーリーを大まかに説明しましょう

「コタローは1人暮らし」、主人公のコタローは1人暮らしをする4歳の男の子

4歳とは思えないほどしっかりしているコタローが「アパートの清水」へ引っ越してきたところからストーリーは始まります。

コタローのお隣さんや他のアパートの住民は、コタローが1人で暮らしていることを知って驚きを隠せませんが、いろいろな形でコタローを助けて、またコタローに助けられて。

小さなコタローがたった1人で暮らしながら、周りの大人たちと触れ合っていく、何とも不思議で、でも心温まるストーリーが魅力の漫画です。

コタローは1人暮らしの感想やオススメする理由は?

この漫画のイラストを見ていただいたら分かると思いますが、コタローの顔自体は決して可愛いとは言えないのに、コタローの行動が可愛すぎて、この漫画にはまってしまいました。

目がぐりっと吊り上がっていて、漫画に出てくる「可愛い子供」という顔ではないこの漫画の主人公コタローですが、やること、なすことが可愛すぎるのです。

4歳で1人暮らしをしている、という設定から、とてもしっかりしているコタロー。それなのに、時折見せる子供らしさがたまりません。

殿様のキャラクターが大好きで、しゃべり方も殿様語で、自分のことは「わらわ」、ご近所さんたちのことは「おぬし」と呼びながら、徐々にご近所さんたちとの距離が近づいていくコタローを見て、がんばれ、がんばれ、と応援したくなります。

まとめ

いかがでしたか?この文章を読んでいて胸がきゅーって熱くなりませんでしたか?

でもめちゃくちゃ生活力も行動もしっかりしていて、他のアパートの住人(大人)たちよりもよっぽど、しゃんとしています。

4歳の男の子のお話ときくとほんわかしてるのかな?とかほっこりしそう~癒されそう~萌え♡とかイメージしそうですが、この作品は心にひびくものがあります。

そしてやけに4歳なのにキレイ好きという設定もおもしろいです。

笑いもあり、でもやっぱり感動作品なのでオススメの1作品です。