男性向けまんが

【名探偵コナン1025話】最新話ネタバレと感想!コナンが幼児化した原因が判明?!

コナン1025話

こんにちは。前回の名探偵コナンでは俳優の徳園彩也さんが転落で亡くなってしまい現場に落ちていた物から助監督の尾取大策は犯人が分かったようでした

尾取大策が犯人に話を持ち掛けようとしたところ飲み物に毒物が仕込まれており亡くなってしまいました

また事件の話とは別に世良真純がコナンの正体が工藤新一であるということにであるということに着実に近づいていました

それではその後どうなったのでしょうか?最新話1025話についてネタバレと感想をまとめました。

名探偵コナン1025話最新のネタバレは?

徳園さんの殺害間際に京極真が聞いたという謎の音の正体が亡くなった尾取大策のポケットに入っていました

犯人探しをしている世良はコナンに工藤新一君質問を自分の母親がAPTX4869によって幼児化したこともありほぼ工藤新一コナンという真相に気付いている様子でした

さらにコナンの周りに子供なのに大人っぽい子はいないか蘭と園子に質問を原哀も薬で幼児化したということに一歩近づきました

一方話はアガサ博士宅の会話に変わり灰原の両親が30年前に白鳩製薬という会社でAPTX4869の開発チームの一員として働いていたことが分かりました事件のほうはキャップという単語で何かに気付いたコナンのシーンで終わりました

名探偵コナン1025話最新の感想は?

今回の話は、ただ事件を解決しようとするシーンだけではなく、名探偵コナンの醍醐味ともいえるコナンが幼児化した原因について進展がありました。

また、江戸川コナンは工藤新一が幼児化した姿であるという事実を知っている数少ない人物の中に世良真純も加わろうとしていました。

さらに、今までのコナンの話の中で数えるほどしか触れられていない灰原の両親「宮野エレーナ」「宮野厚司」にの過去についての話もありました。

コナンがただ事件を解決するという展開は確かに面白いですが、やはりファンとしては少しはメインの黒づくめの組織との対決に向けても進んでほいしいので、今回の進展はとてもうれしいものでした。

また、世良に大人っぽい子はいないかと質問されたときにコナンが慌てて「光彦だよ」と言ったのが少し気になりました。

以前からコナンファンの中で光彦はAPTX4869で幼児化した黒の組織のボスなのではないかと囁かれていたので、何かの伏線なのではないかと思いドキドキしていました。今回黒の組織との対決編に少し近づいたと感じ、この事件解決後に黒の組織編が来るのではないかとワクワクしました。