キングダム

キングダム【594話】最新話ネタバレあらすじ感想|595話考察も!

漫画ネタバレ最新話

こんにちは。「ヤングジャンプ」にて連載中の「キングダム」第594話を読みましたのでご紹介します。

秦の初代皇帝である始皇帝が、中華統一を果たして行くまでの道のりを、主人公である大将軍を目指す少年の信とともに駆け抜けていく、

壮大なスケールで描かれた史実とフィクションを織り交ぜた物語であり、ライバル達との戦いもまた魅力ですね

キングダムを無料で一冊読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

キングダム【594話】最新話ネタバレあらすじは?

主人公である信は、徐林、徐肖の猛攻でピンチを迎えたが、わざと隙をつくることで、徐林を討ち取ることに成功する。

弟である徐林を打たれた徐肖は激昂。

徐林の仇を討つために、周辺にいた精鋭部隊をすべて呼び集めた。

徐肖の猛攻に、信たちは絶対絶命のピンチに。

厳しい包囲網の中、次々と討ち取られていく飛信隊。

その飛信隊のピンチに現れた副将のキョウカイ。

また、キョウカイに続いて、最近飛信隊に合流したナキも登場した。

信、キョウカイ、ナキの武力で包囲網の突破を図るも、信は徐林を討ち取る際に犠牲にした傷の状況が想定以上に深手であり、本来の武力を発揮できない。

それに気づいたキョウカイは全力を出す覚悟を決める。

信が本気で戦えない以上、キョウカイが全力をだすしか道は残されていないのである。

巫舞を使用したキョウカイは次々と敵兵を倒していく。

敵兵は人間ではないものを見るようにキョウカイを恐れるほど、キョウカイは圧倒的な武力で敵兵を倒し続けていく。

キングダム【594話】を読んだ感想

巫舞を使用せざるを得ないまでに追い込まれたキョウカイですが、やはりその破壊力は別格。

使用時間に制限があるため、仮に包囲網を突破できたとしても、敵のボスをキョウカイが討つことは事実上、不可能になることが推定されます。

あと、久しぶりにナキが登場したのが個人的には良かったです。

残忍なカンキの元で活躍していたナキですが、信のチームに惚れた形でカンキの元を離れて飛信隊に合流。

合流したのはいいものの、それ以降は登場していなかったので、久しぶりの登場を楽しみました。

キングダム【595話】の考察

https://twitter.com/Filmarks/status/1106525851255037953

次回595話はいよいよこの戦いのクライマックスになることは必至ですね。

信が負傷し、キョウカイが疲労により戦えない状況となった場合に、誰が敵のボスを倒すのか?というのが最大の関心事ですね。

ナキ?う〜ん、それほど武力が抜けているわけではなさそうですので、最終展開が読めません。

瀕死の重傷というわけではなさそうですので、最終的には信が討ち取るのでしょうか?

兎にも角にも、信の負傷、王賁の負傷で、信と王賁の合流チームによる戦いもこれが終われば終了となりそうです。