彼岸島 48日後…

彼岸島48日後…【210話場外乱闘】最新話ネタバレ感想|211話を考察!

漫画最新話ネタバレ

こんにちは。2019年7月13日発売のヤングマガジンより、彼岸島 48日後・・・【第210話】「場外乱闘」を読みましたのでご紹介します。

前話を読んでいない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

漫画!最新話ネタバレ
彼岸島48日後...【209話ヒビ】最新話ネタバレ感想|210話を考察!こんにちは。2019年7月8日発売のヤングマガジンより、彼岸島 48日後・・・【第209話】「ヒビ」を読みましたのでご紹介します。 前...

209話では、飛び道具となった姑獲鳥の矛にあっという間に刀を折られてしまった明は、最後の1本となった刀にもヒビが入ってしまいました。

ロープが切れたことで、場外に飛び出した2人ですが、姑獲鳥は仲間の吸血鬼が死んでも気にも留めず、ただ明だけを狙い続けます。

➡「ヤングマガジン」を無料でいますぐ読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

注意)違法サイトでダウンロードをするとウィルス混入や個人情報が盗まれる可能性があります

彼岸島48日後…【210話場外乱闘】最新話ネタバレあらすじ

「なかなか逃げ足の速い狐だな」と姑獲鳥は、息を切らす明に言います。再び矛を構え、ハシューハシューと息の音を立てる姑獲鳥はもう明を殺すことしか考えていません。

タッと明に向かってくる姑獲鳥の矛を避ける明。一方で姑獲鳥の攻撃により壊れた客席の瓦礫は、周りの吸血鬼たちに当たり、会場内には吸血鬼の悲鳴が響きます。

1人の吸血鬼が、巻き込まれる前に逃げようと言います。

しかし、ほとんどの吸血鬼たちは明と姑獲鳥のすごい戦いを見逃せないと、命をかけてでも観戦を続けます。

会場は再び姑獲鳥への歓声へと変わります。飛んでくる矛の先端を明が避けると、明の後ろにいた吸血鬼に突き刺さります。

姑獲鳥は、刺さった吸血鬼ごと矛を引き戻すと、今度は矛を振り、吸血鬼を弾として明に飛ばします。

予想だにしなかった攻撃を避けきれずに倒れてしまう明に、姑獲鳥はすかさず横から攻撃を仕掛けます。

「どけこのデブ」と上に乗る吸血鬼をどかそうとする明ですがもう間に合いません。

間一髪、刀で矛の軌道をずらしたものの、最後の刀も折れてしまいました。もう明に武器はありません。

ひたすら繰り返される姑獲鳥の攻撃を避ける明でしたが、後ろに下がろうとした時に柱にぶつかってしまいました。

逃げ場のない明に、「これで終わりだ!!」と正面から矛を突き刺してくる姑獲鳥。その時、明はついに右手の隠し刀を抜き、矛を受け止めます。

「貴様・・・その右手・・・」と言う姑獲鳥を前に明、絶体絶命!

彼岸島48日後…【210話場外乱闘】を読んだ感想

ついに明が右手の隠し刀を抜きました!その瞬間は思わず、うおおおおっと、気分が盛り上がってしまいました。

姑獲鳥に全く歯が立たない明は、隠し刀で活路が開けるのでしょうか。今回の話で好きだったのは、明の上に乗っかった太った吸血鬼を、「どけこのデブ」と明がどけようとするシーンです。

なんだか明の焦りが見えたようでした。危険が迫っても逃げない吸血鬼たちは狂っています。そのせいで、もう明の正体が皆にばれることは避けられなくなってしまいました。

彼岸島48日後…【211話】を考察・展開予想

右手の隠し刀を抜いた明に、会場にはどよめきが起こると思われます。明に気づいた吸血鬼たちは、ゴミを投げたり、戦いに参加しようとするかもしれません。

しかし、そこは姑獲鳥が許さないでしょう。明だと分かっても、わからなくても、ここまで戦った自分の獲物を、そう簡単に他の奴に渡すはずがありません。

それが明にとっては吉とでる気がします。明が刀を抜いたことで戦いは折り返し。もう少し頑張って明!もしかしたら姑獲鳥には誰にもわからない弱点があるかもしれません。

漫画最新話ネタバレ
彼岸島48日後…【211話狐面の下】最新話ネタバレ感想|212話を考察!こんにちは。2019年7月29日発売のヤングマガジンより、彼岸島 48日後・・・【第211話】「狐面の下」を読みましたのでご紹介します。...