モーニング

半沢直樹【34話】最新話ネタバレあらすじ感想|ナルセンの破綻!

漫画 ネタバレ 考察 感想

こんにちは。2020年10月8日発売のモーニングより、半沢直樹【34話】「ナルセンの破綻」を読みました。

33話では、半沢は金融庁検査で伊勢島ホテル再建に向けて黒字化は確実と伝え、黒崎検査官から見込みがないと反論されるも、

半沢は伊勢島ホテル存続のために会長が保有する絵画売却を実施するために会長を更迭して120億損失の補填に回すと答えます。

しかし、黒崎は投資を行っているナルセン・エンジニアリングが破綻すると言うのでした。

それでは、この記事では、半沢直樹【34話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

※0円で漫画を読む
動画配信サービスのU-NEXTでは、初回無料登録で1ケ月のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり、最初にもらえる600ポイントで書籍を購入して実質無料で読むことが可能。動画配信も見放題作品業界№1ですのでめちゃくちゃ充実しています。▶U-NEXT無料トライアルはこちら

半沢直樹【34話】最新話ネタバレあらすじ

黒崎は伊勢島ホテルの大口取引先であるナルセン・エンジニアリングが投機による予想経営損失が80億円になり、破産を検討していると言います。

そして、将来的な業績回復のシナリオもうまくいかなくなると言うと、半沢は黒崎の情報がどれだけ正確であるのかという根拠を示すように反論します。

黒崎は金融庁の情報をガセ扱いしたことに対して不満を持ち、嘘だと思うなら自分で調べたらどうかと答えると、半沢は自分で調べたうえで納得できる回答をすると再び反論します。

そして金融庁の人が一私企業のブラック情報を根拠もなく口にするのはどうなのかと半沢が言うと、黒崎は態度を改めた方がいいのではないかと怒りを露にするのでした。

検査が終わり半沢は湯浅社長に電話して湯浅社長を呼びますが、大和田常務と羽根専務が話しているところに気づき、半沢は湯浅とともにその席につきます。

大和田常務はこのままでは厳しく事業計画を練り直す必要があると話します。

大和田は半沢に何か打開策はあるのかと質問するも、半沢は答えられません。

大和田はナルセンを買収したらいいと言い、湯浅は固定費を抱える気はないと断るも、羽根は大和田の意見は検討すべきだと言います。

大和田はこのままでは金融庁検査で確実に分類されてしまうと言いますが、湯浅はホテル業を営んでいる自分たちがシステム開発に関わることはできないし場異種する資金もないと答えます。

すると羽根が東京中央銀行からの融資200億円があると伝え、さらに大和田は湯浅に対してけじめをつけることが必要だと言い、

それは湯浅自身が社長の座を退くことを意味していました。

その後はホテルのことをよく知っている羽根専務が社長に就くから心配には及ばないと伝え、

さらに半沢に対しては伊勢島ホテル担当から外れてもらうと伝えるのでした。

「半沢直樹」を試し読みからチェック

半沢直樹【34話】感想

伊勢島ホテル再建に向けて会長の資産売却が実現することが叶うことで一件落着に向かうと思われましたが、投資先のナルセンが破綻するという情報を得て再び半沢は窮地に追い込まれました。

半沢はその窮地に対してナルセン破綻が本当かどうかも疑っていましたが、もしかしたらナルセンに対して破綻にならない道があるかもしれないと感じたのかもしれません。

半沢は窮地に追い込まれても決して諦めずに打開策を考えますね。そんな中常務からの社長交代案と半沢担当外しは半沢を更なる窮地に追い込む形となりました。

銀行って部下を大事にしない組織なのかと毎回感じてしまいます。

半沢直樹【35話】考察予想

窮地に追い込まれた半沢ですが、担当を外すと言われてもナルセン破綻阻止に向けた動きを止めようとはしないはずです。

しかし、伊勢島ホテルの社長交代は半沢が動いている間に実施されそうですね。一度は羽根が社長の座に就くかもしれません。

半沢はまずナルセン破綻阻止に向けて情報集めを行い、そこでナルセンが破綻しない道を探った上で伊勢島ホテル再建実現への道を示すと思われます。

また、大和田に対しても何かしらの反撃を行うのではないかと期待しています。次号35話での半沢の動きに注目です。

まとめ

この記事では、半沢直樹【34話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「半沢直樹」を試し読みからチェック

完全無料でコミックスやアニメが見られる!

鬼滅の刃【22巻】が感動したり!約束のネバーランド【最終刊】何回読んでも泣けました。最新の漫画やランキングはこちら➡\U-NEXT漫画ランキング/

呪術廻戦のアニメも放送開始となりものすごくおもしろかったです。アニメ化いいですね!

コミックスやアニメをまだ読まれていないという方は、無料で(怪しくないです!)安全な方法で読む方法があります。それがU-NEXTです。

U-NEXTとは日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと52万冊以上と取り扱いが豊富最大40%還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
 
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは2冊無料で読むことができます。
月額料金 トライアル期間は無料、その後1990円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

見放題作品は190,000本!!レンタル作品も30,000本の取り扱いがあります。

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。登録は3分程でできます。無料トライアル