男性向けまんが

銀河英雄伝説【139話】最新話ネタバレあらすじ感想|140話を考察!

こんにちは!2019年5月9日発売の週刊ヤングジャンプより「銀河英雄伝説」第139話を読みましたのでご紹介します。

138話では、フェザーンからの技術提供を受け、ガエイスブルク要塞をイゼルローン回廊にワープさせるという作戦をラインハルトに提案するシャフト技術総監。しかしフェザーンは、同盟と帝国の共倒れを狙う地球教の走狗でした。そんなフェザーン仕込みの作戦にラインハルトは関心を示してしまうのです。

銀河英雄伝説【139話】最新話ネタバレあらすじ

「ご説明申し上げます」シャフトがラインハルトに説明します。

複数のエンジンを用いること。それらのエンジンは全て同時作動可能であること。

天体級のサイズの要塞がワープした時の空間への影響に問題がないこと。

まるで「天才」ラインハルトが持つだろう疑念を、全て先回りしたかのような完璧な計画。自信満面のまま退出するシャフト。

それを見送るラインハルトの表情は曇っています。

そんなラインハルトの傍らでヒルダは考えます。

ラインハルトがシャフトの案に懐疑的であることを忖度した上で、(私もこの時期の出兵には反対だ)いまは内政充実の時期と見ているのです。

と、「シャフトはフェザーンと通じております」ノックから短い挨拶・入室、そして単刀直入に要点から報告したのは、誰あろうオーベルシュタイン総参謀長です。

「なるほどな」

得心するラインハルト。かの作戦に対する疑念の一つは、「シャフトにしてはできすぎている」という点だったのです。

しかし、だとすればこの作戦をラインハルトが採用しなければ、「要塞移動技術」は同盟に売られるに違いありません。

「選択の余地はないというわけだ」ラインハルトは本作線の実行を決意します。その一方で、暗躍するフェザーンの正体を白日の下に晒すべく、オーベルシュタインに命令を下すラインハルトでした。

同じ頃。イゼルローン要塞。「役たたずのひよこどもが!」訓練担当の下士官に怒鳴られているのは、訓練中のユリアン始め、イゼルローンに新たに配属された新兵たちです。

救国軍事会議によるクーデターで失われた人材の補充。政府や軍は、その水源にイゼルローンのヤン艦隊を充てました。

ヤン艦隊からはベテラン兵が引き抜かれ、そこに大量の新兵が送り込まれてきたのです。イゼルローンと言えば、帝国と同盟最大の係争地。

(こんなことをして帝国に負けちゃったら)訓練中のユリアンは政府の方針に疑問を持ちますが、補充されてしまった物はもうどうしようもありません。

艦隊としては、ともかくも一刻も早く一人前になってもらうべく、徹底した訓練を行うのでした。

そんなある日。イゼルローンに入港する補充の艦隊が。その先頭を行くのは戦艦「トリグラフ」。艦隊旗艦用に建造された最新鋭艦です。

「俺が使っていいんですか先輩?」そうヤンに訪ねたのはダスティ・アッテンボロー。ヤンの士官学校時代の後輩で、ヤンとはまた違った種類の「軍人らしからぬ」軍人です。

旧式のヒューペリオンで構わない。そう言ってくれる上官によって、トリグラフはアッテンボロー艦隊の旗艦となりました。

そんなアッテンボロー艦隊はトリグラフの試験運用と新兵の実地訓練を兼ねた哨戒行動へ。ユリアンも、単座戦闘艇スパルタニアンの操縦訓練のため、艦隊の空母「アムルタート」に座乗しています。

ところが、「敵艦対発見!!」同じく哨戒行動中の帝国アイヘンドルフ艦隊と遭遇してしまいます。訓練兵ばかりを乗せたアッテンボロー艦隊。

しかしいきなり背を向ければ狙い打ちです。「負けないことを優先させるんだ」アッテンボローの判断は応戦でした。

「ヤン提督に近づく第一歩だ!!」持ち場に駆けるユリアン。この遭遇戦こそが、のちに起こる前代未聞の要塞戦の緒戦となったのです。

銀河英雄伝説【139話】を読んだ感想

藤崎アッテンボローはハンサムというより、ちょっと太眉のガテン系の風貌。藤崎版の同盟制服のダボッとした着こなしのせいでしょうか?余計そう見えます。

葉巻銜えてるし。石黒版(旧作アニメ)の「ちょっと斜に構えたハンサム」なんだけど「稚気の抜けない悪戯坊主」感のキャラになれてしまってるので、アスターテで一回見ているとはいえ、いまだに違和感が。

ジャーナリスト志望の設定も、石黒版だと「新聞記者」だけどこっちは「戦場カメラマン」と言った感じ。

でも元気が良くて磊落、こちらの方がひょっとしたら田中先生のイメージしているアッテンに近いのかもしれません。トリグラフのデザインはかなり石黒版より。やはり基本的には艦艇デザインは石黒版準拠で決まりなのかな?

やはり同盟の船は、無骨な「空飛ぶ電気カミソリ」のフロント形状が野暮ったくて格好いい。そう思っていても、特別な艦艇の一艦や二艦は藤崎版オリジナルがあっても面白いのにとも思いました。

銀河英雄伝説【140話】を考察

逃げるフリをさせてたら随一と言われたアッテンボローの艦隊運用が見られます。ヤンとラインハルトは対等のライバルみたいに書かれるけど、立場上、麾下の提督はヤンの方が質量共に劣るので、その数少ないヤンの部下提督が活躍するシーンが大好きなので期待です。

新兵を乗せて戦いながら逃げる見事な継戦能力を、どう藤崎先生が描いてくれるかも楽しみ。また、この遭遇戦だけで1話ということもないので、ガエイスブルクに座乗するメンバーの発表がはいるでしょうか。

ケンプとその家族との別れのシーンは、どのシリーズでも泣けちゃうので、藤崎版でも是非泣かせて欲しいと思います。

漫画コミックをお得に読むおすすめサイト

漫画コミックをお得に読みたいあなたにおすすめのサイトをご紹介します。大手の電子書籍サイトと登録時にもらえるポイントはこちらです。

▽おすすめの電子書籍サイト▽

サービス名 登録時にもらえるポイント
U-NEXT 600ポイント(動画あり)
ひかりTVブック 1152ポイント
FODプレミアム 100ポイント(+1200ポイント/動画あり)
eBookJapan 0ポイント/初回半額クーポン
違約金などはありませんので安心・安全に漫画を絵付きで読むことが可能です。ぜひチェックしてみてください。
U-NEXTに無料登録
日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと34万冊以上と取り扱いが豊富最大40パーセント還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
月額料金 1990円
無料期間 31日間
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマ・アニメも充実・スマホ対応

U-NEXTの公式サイトを見てみる

ひかりTVブックに無料登録
日本最大級の動画配信電子書籍サービスに特化したサイトになります。
初月無料ですが、登録後すぐに1152ポイントも付与されます。
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは3冊無料で読むことができます。


月額料金 972円(無料期間終了後)
無料期間 登録月無料/1152ポイント
メリット 雑誌読み放題・スマホ対応

ひかりTVブックで漫画を無料で読む

FODプレミアムに無料登録
フジテレビの公式サービスとなります。amazon決済から無料登録すると、100ポイント付与され、その後8の付く日に400ポイントが付与され、1ケ月で1300円分が無料もらえます。
100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。期間限定で無料で読めるコミックもありますよ。週刊少年マガジンやサンデーは4冊無料。今すぐチェック!
月額料金 888円
無料期間 1ケ月(無料期間中に1300円分のポイント付与)
メリット 雑誌読み放題・無料コミックも多数あり・20%ポイント還元

FODプレミアムの公式ページを見てみる

eBookJapanに無料登録

eBookJapanではYahoo!IDでの初回ログインで50パーセンオフクーポンがもらえますので半額で読むことができます。

また2000冊以上の無料まんがの取り扱いがあったり、割引やセールなどのサービスも充実していますのでオススメです。

話題作が50%から80%オフなどのキャンペーンが豊富です。

会員登録は無料で、必要な巻を購入すれば特に解約する必要はありません

ebookjapanの公式サイトをみる

公開日: