エデンズゼロ

エデンズゼロ【49話】最新話ネタバレあらすじ感想|50話を考察!

漫画最新話ネタバレ

こんにちは。2019年6月19日発売の週刊少年マガジンより、エデンズゼロ【第49話 キャプテン・コナー】を読みましたのでご紹介します。

週刊少年マガジンを無料で読みたい方はこちらからお願いします。

🔜週刊少年マガジンをいますぐ無料で読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

注意)違法サイトでダウンロードをするとウィルス混入や個人情報が盗まれる可能性があります

エデンズゼロ【49話】最新話ネタバレあらすじ

目的地のサン・ジュエルまで約3日!

その理由は宇宙ゴミが大量に集まっているデブリ地帯を避けて迂回しなければならないのが理由でした。

小片一つにぶつかるだけで大きなダメージがあるため安全を期したのです。

迂回路をひた走るエデンズゼロ。その外に突然異様な光景が現れました!

きれいで巨大な魚の群れがあたり一面を覆いつくしたのです。

「葵宇宙から流れてきた魚ですね。」

外の宇宙では魚が多いところもあるのですとウィッチは答えました。

みんなきれいな光景に目を奪われました。

がしかし、その中に異様な物体を発見したのです。舵を持ったまま浮遊する一人の人物。

彼はこちらに向かい一言

「助けてくれたまえ。」

シキたちはその異様な人物を船内に救助しました。

その出で立ちは船の舵だけをもった小太りの白髪おじさん。とてもあやしい・・・

名前はキャプテン・コナー

気が付いたら見知らぬ宙域を漂流していたらしい・・・。

この状況を平然と語るコナー。そして、シキもこちらの情報を教えました。

かわいそうだから行き先が見つかるまでのせてやろう。結果少しばかり同行することになったのです。

コナーは、シキたちとたくさんコミュニケーションをとりました。そしてすぐに仲良くなりました。

船内のいたるところを自由に使うコナー。気遣いは全くありません・・・。

あちこち使い放題のコナーに少々嫌気がさしてきたワイズたち。

シスターはもう我慢の限界です。

そんな時、船内に警報ブザーが鳴り響きました!

―――― 操舵室に 侵入者!!! ―――――

それはあのコナーでした。船内を自由に使うコナーは船の操縦までしだしたのです。

これにはさすがにみんな激怒し、すぐさまやめるように操舵室に向かいました。

「少年から行き先を聞いたぞ・・・。3日かけてサン・ジュエルという星にいくとな。」

「我輩なら、1日で着く。・・・・・というか着いた。」

!!!!!!!!!!!!!!

目の前には3日かかるはずの惑星サン・ジュエルがありました。

――― 我輩は艦長キャプテン・コナー
    いつの間にか宇宙を浮遊していた身
    気遣い無用の小太りおじさん

    そして・・・・・・ エデンズ・ワンの艦長である。

エデンズゼロ【49話】を読んだ感想

この、キャプテン・コナーという人物絶対あやしいと思っていたらまさかのホントにいいおじさんだったとは!!!船内をくまなく探索していたので、また新手の敵かと思いました。

実際は凄腕の艦長、さすが舵だけは握りしめていただけあります。3日かかるところを、デブリ地帯を抜けて1日で着くなんてこれは仲間にするべきだと思いました。

そうすれば今後の旅もスムーズにはかどり、マザーにもいち早く到着できるのではないでしょうか。

エデンズゼロ【50話】を考察

今回登場したキャプテン・コナー、なんと凄腕の艦長でした。そんなコナーですが、以前は最後にも言われていた通りエデンズ・ワンという船に乗っていたらしいです。エデンズ・ゼロとエデンズ・ワン。明らかに関係がありそうです。

もしかしたら、ジギーとも関係があったのではないかと推測します。これだけの腕前をもった敵ではない登場人物はすぐに仲間にするべきだと考えます。

次回ははやくも、サン・ジュエルに足を踏み入れそうですが富裕層の格差が激しいこの星でいったいどんなことが待ち受けているのか楽しみです。