男性向けまんが

ダイヤのA150話のネタバレ感想!沢村の緊張や落合コーチの不安は的中したのか?

ダイヤA150話ネタバレ

こんにちは。「ダイヤのA」149話では、今大会をエースナンバーで迎えた青道高校の沢村は、初戦の立ち上がりに由良総合打線につかまってしまう。

エースナンバーを背負う緊張の中、本来の実力が発揮できずに初回で相手に得点を許してしまう。味方のファインプレーもあり、1アウトとなるも続くバッターもバントの構えで沢村を揺さぶる。

青道ベンチの落合コーチは、このまま手遅れにならないか不安を募らせる。

それではダイヤのA150話のネタバレあらすじです。

ダイヤのA150話のネタバレあらすじは?

由良総合は送りバントに成功し、2アウトランナー二塁。続くバッターをショートゴロにしとめてやっと相手の攻撃を終わらせる。

仲間のプレーに助けられるも沢村の緊張はまだ解けない。

本人にもその自覚はあり、ベンチに戻るなりキャッチャーの奥村を探す。

奥村が川上の投球練習に付き合っていることが分かると、代わりに由井に調整相手を依頼した。由良総合の先発は三年の北方。

1、2回戦の出場はなく予想外の先発起用と思われていた。

しかし、青道の1番バッター倉持はいきなりのスリーベースヒット。

調査チームのナベが1、2回戦にブルペンで投げている北方の映像を試合前にしっかりと選手たちに見せていたのだ。

続く2番バッターの春市も初球をツーベースヒット。青道選手の頭にはしっかりと投手のデータがインプットされていた。

ダイヤのA150話の感想は?

沢村の緊張が気になります。

スリーアウトとっても尚、先輩にタメ口で話しかけるなど混乱している様子です。

2点差くらいであれば、青道の攻撃をもってすれば心配ないのですが、今は守備が心配すぎます。

やはりエースナンバーを託されたプレッシャーが予想以上だったのでしょうか。それにしても調査チームのナベの仕事ぶりには脱帽です。1、2回戦の控え投手の映像まで入手しているとは思っても見ませんでした。

由良総合が予想外の先発起用で手こずるかと思いましたが、ナベのおかげでその心配はなさそうです。

まだ初戦と言うこともあり今後試合がどう転ぶかわかりません。まずはこの回に青道の攻撃が何点とれるのかが大きなポイントになってくるかと思います。

そういった意味ではすんなり1点とれて安心です。沢村が緊張、攻撃陣も震わずと言う最悪の展開も予想していましたが、最新話を読んでとりあえずは安心しました。

春市は守備でも攻撃でも活躍してとても貴重な選手であると再認識しました。