女性向けまんが

チョコレート・ヴァンパイア【9巻】最新刊ネタバレ感想|10巻を考察!

こんにちは。Sho-Comiにて連載中の「チョコレート・ヴァンパイア」第9巻(2019年3月26日発売)を読みましたのでご紹介します!

前話では・・・白銀家に連れ去られた千代は無事に救出されたものの、幼いころから千代の血しか飲んでこなかった雪は他人の血液を受け入れず、血液不足でフラッシュ状態になってしまいます。急いで霖に紅血の契約(アーティクル・ブラッド)を解除してもらいふらつきながらも雪のいる部屋に一人で入り血を与え、雪はフラッシュ状態を脱しました。

チョコレート・ヴァンパイア【9巻】最新刊ネタバレあらすじは?

ひと段落して再び千代と紅血の契約(アーティクル・ブラッド)を結んだ雪でしたが「好き」と伝えられないことに悩んでいました。

そんな時、年に一度の篝月家の写真撮影をする日に兄弟の協力もあり、無事に千代に気持ちを伝え恋人同士となります。

まもなく三年生の卒業の季節となり、すべてが丸く収まったと思っていた矢先、篝月の長男の霞から千代と日葵を連れてくるよう雪に連絡が来ました。

3人が霞のもとを訪れるとそこには霖もいて苦しそうにしています。

事情を聴くと吸血欲を抑えていた霖にとって格別な血をもつ千代の血は刺激が強すぎたらしく、ほかの血を受け付けなくなってしまったのです。

仕方なく紅血の契約(アーティクル・ブラッド)を破棄し千代は霖に血を与えました。何とか解決策はないかと雪と霞が探っているさなか霞を含む3年生の卒業式が行われ、学園は寂しさ交じりの幸せな空気に包まれていました。

しかし、その雰囲気にはそぐわない不気味な笑みが一つこぼれていたことに誰も気づいてはいません。

チョコレート・ヴァンパイア【9巻】を読んだ感想は?

以前の話から早くくっつかないのかなとドキドキしながら読んでいたので、白銀家とのいざこざもおわりやっと雪と千代が結ばれてほっとしました。

また、千代の不安をくみ取りつつも永遠を誓う雪がかっこよくもあり、千代と恋人になったことによりはしゃぐ雪がかわいくもあり、いろいろな雪を見ることのできる素敵な巻でした。

ただ、霖に血を与えることになったり、霞が卒業、留学してしまったり、最後に出てきた不気味な笑みが気になってしまします。

チョコレート・ヴァンパイア【10巻】を考察

次巻では最後に出てきた謎の人物が絡んだなにか事件がまた起きてしまうのではないかと思います。白銀家とのいざこざが解決したように見えて本当はまだ続いているという展開でしょうか。

霞がいない篝月兄弟と千代がどのようにして問題を解決していくのかが気になるところです。アクションシーンもこの漫画の見どころなのでそのようなシーンもあればいいなと思います。

また、恋人となった千代と雪のさらなるスキンシップも期待できます。少女漫画ならではのドキドキとしたシーンがあるのではないかと楽しみです。

裏わざ)マンガを無料で3冊読む!

最新作を早々にチェックできる上に無料でマンガが読めたらうれしいですよね?

実は無料で1561円分のマンガが読める方法があるのです!

例えば、「五等分の花嫁」や「進撃の巨人」「ONE PIECE」の単行本は1冊453円ですので、

ユーネクストに登録して600円分のポイント付与1冊無料で読むことができます。

music.jp 

に登録して961円分のポイント付与2冊無料で読むことができます。

他にも例をあげますと

週刊少年マガジン 300円/冊
約束のネバーランド 451円/冊
コーヒー&バニラ 453円/冊
キングダム 554円/冊
かぐや様は告らせたい 554円/冊

上記のような漫画を読むことができます。お得に組み合わせて読んでくださいね!

[1]ユーネクスト
日本最大級のサービスで、電子書籍やドラマ・アニメなどの動画視聴もできちゃいます。最大40パーセント還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
月額料金 1990円
無料期間 31日間
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・見逃し作品多数取り扱い・スマホ対応

ユーネクストの公式サイトを見てみる

[2]music.jp
music.jpは動画・音楽・電子書籍と幅広く利用できちゃうサービスです。電子書籍購入時には10%のポイント還元もあります。無料期間は30日間漫画や音楽で961ポイント&動画で使える1500ポイントがもらえます。
月額料金 1922円
無料期間 30日間(漫画961ポイント&動画1500ポイント付与)
メリット スマホ対応・電子書籍購入時10%ポイント還元

公式サイトを見てみる

上のふたつのサービスをうまくつかうと1561円分無料で読むことが可能です。お得に漫画を読んでみてくださいね