週刊少年ジャンプ

BURN THE WITCHバーンザウィッチ【最終回4話】最新話ネタバレ感想!

漫画 ネタバレ 考察 感想

こんにちは。2020年9月14日発売の週刊少年ジャンプより、BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)【#4】「If a lion could speak, We couldn’t understand」を読みました。

3話では、ニニーとのえるの二人と、その二人の監察下にあるドラゴン憑きのバルゴはドラゴンの違法飼育者の調査をしていた。

そして表のニニーの所属グループのメンバー、メイシーがその対象者であることが分かり接触している最中魔陣隊のバングナイフに急襲を受けます。

バルゴが害竜指定となり討伐対象だと告げられ、ニニーとのえるはバルゴとメイシーを連れ逃げるのですが、ドラゴンを召喚した彼に追いつかれたのでした。

それでは、この記事では、BURN THE WITCH【4話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

※0円で漫画を読む
動画配信サービスのU-NEXTでは、初回無料登録で1ケ月のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり、最初にもらえる600ポイントで書籍を購入して実質無料で読むことが可能。動画配信も見放題作品業界№1ですのでめちゃくちゃ充実しています。▶U-NEXT無料トライアルはこちら

BURN THE WITCH【最終回4話】最新話ネタバレあらすじ

バルゴは何で自分が狙われるのか不思議がっています。

バングナイフは討伐対象である彼を目の前に殺気立っています。

ニニーとのえるの二人は、隙を作り二手に分かれて逃げる相談を小声でして体制を整えようとします。

しかし、バングナイフは何処にも逃げ場はないと薄笑いをうかべて話しかけるのです。

その時、遠くから何かの鳴き声が近づいてきます。

メイシーの育てていたドラゴンのエリーでした。

メイシーの呼ぶ声に応えたのかわからないが、バングナイフに襲い掛かるエリー。彼が迎撃態勢に入るとエリーは消えます。

透明竜鱗(ステルス・スケイル)という術を使ったのです。バングナイフに攻撃するエリー、彼のドラゴンがその攻撃から守ります。

そして空に姿を現したエリーは月光で羽化して成長しているのです。

しかも6本指。

エリーは特別なドラゴンの1頭『童話竜(メルヒエンズ)』だったのです。月光により夜の間だけ成熟する、『シンデレラ』の名を持っていたのです。

このドラゴンは興奮してまき散らす灰が周囲を爆発の光に包み込む能力があり、街は破壊されていきます。

バングナイフはバルゴの討伐を後回しにして、シンデレラの討伐に全力を向けます。ドラゴンを従え攻撃をしていくのです。

そこにニニーとのえるの二人も加わります。シンデレラは額の角を砕けば倒せるというおとぎ話みたいな言い伝えを頼りに戦っていきます。

その時、シンデレラはメイシーの方へ飛んでいきますが彼女を守ろうとする二人に攻撃をするのです。

ニニーは途中で力が解けるのは、それが自分の力ではないとメイシーに説き伏せ迎撃します。

その最中バルゴはのえるにもらった笛を握ると不思議な剣が現れるのです。

それを見て動きの止まったシンデレラに何処からか攻撃が飛んできて額の角が破壊され倒されます。

攻撃をしたのは二人の上司バンクスJr.でした。

場面は変わり竜頭議場(クラウン・カウンシル)ではバングナイフがバルゴの存在を重要視して害竜指定の解除申請を提出するのです。

そしてのえるはバルゴの元へ…落着きが戻りハグする二人の後ろ姿でこの物語は幕を閉じます。

BURN THE WITCH【最終回4話】感想

バルゴを討伐するのかと思わせて、飼育されたドラゴンが特別で危険だとなりそっちの討伐が優先されていき最終的にはバルゴにはおとがめなし。

という今後を制作する為の布石をたっぷり織り交ぜた今回の短期集中連載最終回でした。

闘いの様子が大きく描写されているわけではなく、物語の内容に集中する形が良かったと感じています。

元々、この作者は長期連載でこそ魅力を伝えられる物語を作る所が最大の長所だと感じていたので、その時だけの人気どりに向かわなかったのが本当にうれしくて、またこの続きに出会えるのが楽しみで待ち遠しいです。

質の良い作品は完読後の余韻が本当に気持ちいい!心地のよさが残る作品で大変満足しました。

BURN THE WITCH【シーズン2】次話考察

最後のページにシーズン2の制作が決まっている予告が掲載されていました。

今までの4話では描かれなかった組織について、そしてバルゴについてなど今回の布石を紡いでいく広がりを無限に感じる内容を展開していくと思っています。

長期連載になると戦いの場面の描写が、もっと迫力のある細かい仕上がりになっていくと考えられ、それぞれのキャラクターの背景が具体的になって予想もつかない物語になると思います。

バルゴとのえるの関係がどのように進展していくのかにも興味があり、単なるバトル漫画ではない奥深さに期待しています。

まとめ

この記事では、2020年9月14日発売の週刊少年ジャンプより、BURN THE WITCH(バーンザウィッチ)【#4】「If a lion could speak, We couldn’t understand」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。

電子書籍サイト

漫画をお得に読みたいけど、どこのサイトが良いか分からない…。

そこであなたにお得に読める電子書籍サイトを3サービスに厳選してご紹介します。

サービス名 メリット
U-NEXT 初回31日間無料/600P付与/動画見放題多数
ebookjapan 初回6回半額クーポン(60日間)
まんが王国 初回半額クーポン

それでは、ひとつづつご紹介しますね!口コミはこちら

U-NEXT
日本最大級の動画配信サービスで、電子書籍もなんと52万冊以上と取り扱いが豊富最大40%還元もあってお得に読めるのが特徴!初回31日間無料なのに600円分のポイントももらえます。
 
週刊少年マガジンや週刊少年サンデーは2冊無料で読むことができます。


月額料金 トライアル期間は無料、その後1990円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT アニメ見放題作品は190,000本!!レンタル作品も30,000本の取り扱いがあります。

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。(もしも過ぎてしまった場合の対処はこちら無料トライアル

ebookjapan
ebookjapanは、Yahoo!IDでの初回ログインから60日間期間限定、6回まで半額クーポンが使えます!
 
また2000冊以上の無料まんがの取り扱いがあったり、割引やセールなどのサービスも充実しています。
 
欲しい作品のみを購入するシステムですので「無料期間」という設定がありません。
 
月額料金 なし 
無料期間 なし
メリット 無料まんがが2000冊以上・YahooIDの登録で60日間期間限定6回まで50%オフ

無料まんがが2000冊以上!試し読みなども豊富!(無料まんがを読むだけなら登録不要)
※会員登録や使い方はこちら
※試し読み増量キャンペーンも豊富です!半額クーポンで読む

まんが王国
まんが王国で初回会員登録をすれば、半額クーポンがもらえます。登録は無料です!メールアドレスから登録が可能。
 
欲しい漫画のタイトルのみを購入するシステムで「無料期間」という設定がありませんので、解約もとくに必要ありません。
 
月額料金 なし 
無料期間 なし
メリット 3000冊以上の無料まんがあり/初回会員登録で半額クーポンあり

無料キャンペーン