ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【127話】最新話ネタバレ感想|128話を考察

漫画最新話ネタバレ

こんにちは。2019年9月14日(土)発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【第127話】「楚々として[x]どもはその朝を迎える」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちら

126話では、受験を控えているため少しでも運を貯めたいあすみでしたが、こんな時に限って自販機であたりが出たり、成幸とラッキーハプニングがあったりといいことばかり起こってしまいます。

結果あすみは苦手なハムスターと接して不運になることで受験への運をためるのでした。

➡「ぼくたちは勉強ができない」のアニメ動画と最新刊を無料で読む

※0円で漫画を読む方法
動画配信で有名なU-NEXTでは、初回無料登録で31日間のトライアルがあります。電子書籍も52万冊の取り扱いがあり最初にもらえる600ポイントで書籍を読むことができます。1冊実質無料でしかも安全に読むことが可能です。▶︎今すぐU-NEXT無料トライアル

注意)違法サイトでダウンロードをするとウィルス混入や個人情報が盗まれる可能性があります

ぼくたちは勉強ができない【127話】最新話ネタバレあらすじ

センター本番がもう間近ということで文乃と理珠は緊張で大パニックです。

そんな文乃たちほどではないものの、成幸もあと10日と迫ったセンター試験にプレッシャーを感じていました。

前の模試の結果を見て安心しようとする成幸ですがうっかりと模試結果の紙を落としてしまいます。

拾ってくれたのは学園長です。

学園長は成幸に教育係をお願いした時、文乃たちの苦手克服ではなく志望分野を変更させると思っていました。

しかし、そうではない結果を導いた成幸に学園長は謝罪と感謝を述べます。

成幸自身、頑張る人の手助けをするのは好きだということで、苦手を克服する文乃たちを見てこれたことは良いことだと思っています。

でも成幸は乗り越えたのは文乃たち自身の力だと学園長に言います。

この言葉、実は廊下のかどで文乃たちは聞いています。

決しておごらず、友人の頑張りを認める成幸に学園長は成幸の父の姿を重ねます。

そっくりに育ったな、と思いながら学園長は最後まで気を抜かないようにと、成幸を応援します。先ほど成幸の言葉を聞いていた文乃とうるかはどこか恥ずかしそうにしています。

しかしすぐにいつもの如く成幸の取り合いをする展開に変わっていくのでした。そして日は過ぎていき・・・。

遂にセンター試験当日!

準備も体調も万全で成幸は家を出ました。

早めに家を出た成幸はトラックに惹かれそうな犬を発見し助けますが、その後うっかり階段から転げ落ちてしまいます。

皆が会場についている中で、成幸は転げ落ちた階段の下で気を失って動けなくなっていました。

ぼくたちは勉強ができない【127話】を考察

今回の話で一気にセンター試験まで駒を進めましたが、こんな大事な場面で成幸のことを悲劇が襲うなんて思っていませんでした。

学園長にも激励されセンター試験に臨むところだったのに成幸が無事なのかどうかとても心配です。

初詣の時から、みんなの頑張りを認め、皆を応援し明るい未来を願っていた成幸だからこそ、自分が1番明るい未来を掴んでほしいです。

心配気味な売るかがこの異変にいち早く気づいて行動してくれますように。

ぼくたちは勉強ができない【128話】を考察

成幸を心配したうるかが、会場から成幸の家への道をたどって成幸を発見するのではないでしょうか。

成幸を見つけ、すぐに目を覚ますかもしれませんが気を失っていた以上病院に行かないわけにはいきません。

センター試験には間に合わないのだと思います。公共の交通機関が遅延した場合は試験での特別措置を取ってもらえますがこの場合はどうなるのでしょう。

いうなれば事故です。運も実力のうちと言いますが、成幸にいい結果が訪れることを願っています。

➡ぼくたちは勉強ができない【128話】へ

まとめ

ぼくたちは勉強ができない【第127話】「楚々として[x]どもはその朝を迎える」のネタバレと感想&128話の考察予想についてまとめました。

➡「ぼくたちは勉強ができない」のアニメ動画と最新刊を無料で読みたい方はこちら